「スローカロリー」の認知に関するアンケート調査を実施しました

当会では、今回、栄養指導や保健指導の現場に関わる方に「スローカロリー」の認知に関するアンケート調査をし、その活動が、医療や保健指導など健康づくりに携わる専門職の間で、どのように認知されているか、調査を実施しました。

結果は、スローカロリーの認知度、理解度もまだまだ低く、また糖質やカロリーコントロールそのものに対する理解度も十分ではないことがわかりました。 今後、専門職に対する一層の普及啓発活動と、そのための情報提供活動が求められているものと考えられます。

調査対象:下記約8,800名にメールにて質問、回答を得た。
保健指導リソースガイドに登録している専門職 7,762人
スローカロリー研究会に登録されている専門職 1,031人

有効回答:98人(下記は複数回答)
職種別内訳:
保健師        36人
管理栄養士/栄養士  34人
看護師・准看護師   24人
その他        22人


Q.「スローカロリー」という言葉をご存知ですか?(n=98)



Q.カロリーコントロールと糖質コントロールの違いを理解していますか。または指導をする際に説明できますか?(n=98)



一般社団法人スローカロリー研究会では、3月11日開催の第5回年次講演会にて今回のアンケート調査のより詳しい結果や導き出せる仮題、対策など専門家にお話して頂きます。 ご興味のある方は是非ご参加ください、

第5回年次講演会の詳細、お申込みはこちら
第5回年次講演会「スローカロリー」の考え方について正しく知ろう!~実際にスローカロリーを活用してみました~
スローカロリー3分間ラーニング