第8回年次講演会(Web講演会)
テーマ:スローカロリーとフレイル/サルコペニア

主催:一般社団法人スローカロリー研究会

後援:一般社団法人日本生活習慣病予防協会

公開予定:3月1日(火)~

プログラム

高齢者のフレイル/サルコペニアと栄養

大内 尉義 先生
国家公務員共済組合連合会虎の門病院 顧問、東京大学 名誉教授

Part1 フレイル・サルコペニアの現状(収録時間21:05)

老年医学のエキスパートである大内 尉義先生によるフレイルとサルコペニアと栄養の関連についての解説。Part1は、フレイルの定義から話が始まる。フレイルとは、言わば要介護予備群であり、健康寿命が尽きてしまう一歩手前の状態。実際、フレイルの該当者は要介護認定や認知症発症のリスクが高いことが報告されている。しかしフレイルの重要な点は、可逆性があるということだ。だからこそ早期介入が重要とされる。大内先生によると、早期介入効果のエビデンスはまだ限られてはいるが、サルコペニアや認知機能が改善するという明るいデータが得られ始めているとのことだ。

Part2 フレイルを予防するには(収録時間11:23)

では、フレイルを予防するにはどのような介入が有効なのか? Part2では、栄養と運動という二点について、これまでに明らかになっている知見が取り上げられる。栄養に関しては、タンパク質摂取の重要性が明らかになっている。タンパク質摂取量が多いほど運動時の筋タンパク合成が高まりフレイル予防に有利と考えられる。しかし一方でフレイルは高齢者に多く、加齢や慢性疾患のために腎機能が低下している人が少なくない。フレイル予防のためにタンパク質摂取を増やすべきか、腎保護のためにタンパク質摂取量を制限すべきか。大内先生は、「栄養摂取の考え方は年齢により変わる」と話す。

Part3 スローカロリーとフレイル(収録時間8:17)

Part3では、栄養や運動以外の重要なポイントを解説。そのポイントとは、具体的には「人とのつながり」だという。エビデンスの一例として、運動習慣がありながら文化活動や地域活動に参加していない人は、運動習慣がないながらも文化活動や地域活動に参加している人に比べて、フレイルリスクが約3倍高いというデータを紹介。続いて、肥満でありながら脂肪筋などのために筋肉量が低下している状態である「サルコペニア肥満」の重要性を指摘。サルコペニア肥満はとくに身体的フレイルとの関連が強いとのことだ。講演の終盤ではスローカロリーとフレイルの関連の話題が取り上げられる。

現代人の栄養障害対策~スポートロジーを生活習慣病の予防や治療に活用しよう~

河盛 隆造 先生
順天堂大学大学院医学研究科・代謝内分泌内科学
順天堂大学大学院医学研究科 スポートロジーセンター長

Part1 スポーツを学問に! スポートロジーで健康長寿を(収録時間17:35)

スポートロジーは、いわゆるスポーツ医学とは一線を画す。アスリートのための医学ではなく対象は一般生活者で、スポーツをすることによる代謝・心血管疾患やメンタルヘルスへの影響を学問として捉えるというものだ。さらに、スポーツを観戦することによるメンタルヘルスへの影響も研究対象だという。Part 1では、これまでのスポートロジー研究で明らかになった知見の数々が紹介される。標準体重者のメタボリックシンドローム、若年者のサルコペニアやフレイルの存在など、従来の医学的な定義を覆すようなデータが次々に示される。研究テーマは尽きない。しかしスポートロジーの究極の目標は、認知症の防止、そして健康長寿とのことだ。

Part2 認知機能低下抑制における運動の重要性
~文京ヘルススタディ(収録時間11:34)

Part2では、文京区在住の高齢者1,629人を対象に行われている「文京ヘルススタディ」からの知見が紹介される。これまでに、運動習慣のある高齢者はその習慣のない高齢者に比べて認知機能が保たれていること、ロコモティブシンドロームの判定結果と認知機能が相関することなどが明らかになり、認知機能低下抑制における運動の重要性が示されたとのことだ。また文京ヘルススタディの特筆すべきこととして、測定可能な健康関連指標を網羅的に評価している点が挙げられる。その結果、症候性脳梗塞のハイリスク状態であり、認知症リスクとの関連性も示唆されている無症候性ラクナ梗塞の有病率が、筋力の低下と関連しているという意外な事実も浮かび上がった。

Part3 糖の流れを考えて、食後高血糖を正常化する(収録時間19:59)

Part3では、食後高血糖を正常化するための戦略が総括される。そもそも糖尿病という疾患はどのような疾患なのかという問いが、「糖の流れ」によって解説される。現在、血糖値が高ければ糖尿病と診断されて血糖値を下げる治療が行われているが、高血糖による悪影響は血管障害として現れるものの、高血糖の原因であるインスリン作用不足のために全身の細胞が糖を取り込めていないという状態は、高血糖を介さずに細胞や臓器の機能異常を来す。そして、「糖の流れ」を考えれば、食後の血糖値を抑制する戦略も、自ずと明らかになる。インスリン分泌の遅延を見込んで時間をかけて食事を楽しむ、最初にサラダを食べる、そして炭水化物は毎食しっかり適量を摂取するなど、改めて納得させられる。

パラチノース摂取が高齢糖尿病患者の血糖に与える影響
~持続型血糖測定器を使用して~

西村 一弘 先生
駒沢女子大学人間健康学部健康栄養学科
社会福祉法人緑風会緑風荘病院栄養室

糖尿病治療においては食事療法が基本である。しかし高齢者では、近年のゼロカロリーや糖質オフというような食品群が低血糖、そして低栄養、またフレイルのリスクになっている可能性もある。砂糖と同等のエネルギーを有する一方で、消化・吸収速度が遅いため食後血糖値の急激な上昇を抑える性質を有するスローカロリーシュガー(パラチノース)が、高齢の糖尿病患者の血糖コントロールに与える影響を検討した。対象は介護老人保健施設に入所中の65~93歳の糖尿病患者12名で、スローカロリーシュガーと砂糖を使用した夕食後の血糖変動を持続型血糖測定器を用いて確認した。その結果、1名に有意差が、また全体では、食後血糖値に影響のあるDPP-4阻害薬を服薬していない8名に、夕食後の最大血糖値までの時間が長いという傾向がみられ、砂糖使用時と比較してスローカロリーシュガーを摂取することで、食後の血糖値上昇を緩やかにするという可能性が示唆された。(収録時間16:38)