第7回年次講演会・プログラム(Web講演会)
テーマ:食後高血糖とスローカロリー

主催:一般社団法人スローカロリー研究会

公開予定:公開予定:3月22日(月)~4月21日(水)

プログラム

宮崎先生

開催のご挨拶(講演会のポイント)

宮崎 滋 先生
一般社団法人スローカロリー研究会 理事長
公益財団法人結核予防会理事・総合健診推進センター 所長
東京医科歯科大学臨床教授
河盛先生

講演1「“糖のながれ”を意識して、血糖値スパイクを防ぐ」

河盛 隆造 先生
順天堂大学名誉教授
順天堂大学大学院・スポートロジーセンター センター長
宮下先生

講演2「スポーツとスローカロリー」(仮題)

宮下 政司 先生
早稲田大学 スポーツ科学学術院 准教授

スローカロリー関連企業報告

「パッチ型食後血糖モニタリングデバイスの紹介」

岡田 正規 氏
シスメックス株式会社 クリニカルイノベーション本部
シスメックス株式会社では簡便・低侵襲な方法で食後血糖状態を測定する測定器の開発を行っている。本測定機器は、マイクロニードルによって微細孔を形成した前腕部角質層に、パッチ状ゲルリザーバーを貼付し、皮下組織液を収集・蓄積することで、グルコースAUC(濃度時間曲線下面積)相当値を取得する方法を用いている。本講演では、これまで本機器の試作品を用いて耐糖能スクリーニング、治療効果判定、食品のGI値測定などのアプリケーションを検討した臨床研究事例を紹介する。

「イヌリンの食後血糖値の上昇抑制について」

吉成 織恵 氏
DKSHジャパン株式会社 生産資材事業部門 食品・飲料ビジネスライン
イヌリンは、キク科植物であるごぼうやキクイモ、チコリなどの根に存在する多糖類である。ブドウ糖1分子とβグリコシド結合した果糖の重合体であり、その重合は一般的に2~60個とされている。ヒトの消化器では分解されず大腸の腸内細菌叢によって代謝されるため、栄養成分表示では糖質ではなく食物繊維として扱われる。そのため昔から整腸作用について報告されてきたが、近年は食後の血糖値上昇抑制の報告も多い。本研究会ではイヌリンが血糖値抑制に及ぼす効果について紹介する。

「日常生活における手軽な血糖ケア」

上原 悠子 氏
松谷化学工業株式会社 研究所第一部1グループ
健康で長生きするためには、日頃の健康管理が重要で、その手段の一つとして糖尿病の予防が挙げられます。糖尿病予防には、食後血糖上昇を抑えることが有効とされていますが、日常生活の中で食事内容のみでコントロールすることは非常に困難です。ここでは、食後血糖上昇を抑える効果があり、なおかつ日常の食事に簡単に取り入れることができる素材を、その効果と利用方法と共にご紹介します。さらに流動食などの炭水化物源として使用されている原材料(デキストリン)そのものが、食後血糖の上昇が緩やかなケースについてもご紹介します。

「医療分野におけるパラチノースの活用事例」

殿内 秀和 氏
株式会社明治 マーケティングソリューション部
現在、我が国では100種類以上の食品タイプの流動食が発売されており、弊社においてもメイバランスシリーズに代表される多くの流動食を製造・販売している。一般的な流動食ばかりではなく、栄養成分を工夫し、様々な病態を有する患者様の栄養管理に使用される流動食も販売・製造している。弊社ではパラチノースを配合した流動食「インスロー」を発売しており、多くの病院や施設において使用され良好な成績を得ている。本日は、医療分野におけるパラチノースの活用事例として、インスローに関連する論文を紹介する。