スローカロリーを実践しよう疾患予防と健康

 糖尿病をはじめ、病的な状態にある方にとって、糖質制限は大変重要です。しかし健康な方やメタボの予備軍の方々の場合、生活習慣病予防の観点においては、「食べ過ぎない」という「量」の視点だけではなく、「どんな糖質をどのように食べるのか?」「それぞれの糖質の代謝のされ方は?」といった「質」の視点を持つことが大切です。

 またスポーツの分野では、パフォーマンスを高めるために必要な糖質の質について注目が集まっており、スローカロリーをトレーニングに取り入れるという考え方が広まりつつあるようです。スポーツ選手にとって、適切なエネルギー補給はとても大きな課題です。主たるエネルギー源である糖質の吸収がゆっくりであれば、長い時間かけて体内に供給されるため、運動時のエネルギー不足を起こさないという利点があります。

 とりわけマラソン選手をはじめとする持久系のアスリートのエネルギー補給には、スローカロリーの考え方が有用といえるでしょう。

もくじ

(2015年03月)
スローカロリー3分間ラーニング